最新情報

ブログ更新情報

2019年

1月

30日

2019年 年頭挨拶 株式会社和泉 代表取締役社長:伊藤嘉浩

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

本年は、米中関係やイギリスEU離脱・フランス大統領選挙・イタリア経済問題を起因とするEUの行く末などの海外要因、そして、慢性的な人材不足や物流問題を起因とする国内産業の供給抑制が、不安視される状況からのスタートとなっております。
しかしながら、昨年に引き続き堅調な需要は見込めるため、まさに全社挙げて叡智を結集し、如何にお客の要望に応えていくか、会社の力が試される一年と考えております。

今、日本社会は、政府の働き方改革により、これまでの日本の勤勉で熱意あふれた企業戦士が結集した企業から、一定時間で効率を挙げ、余分な労働はしないというある意味働かない有能な人材が集う企業への体質改善が求められています。

そのような状況の中で生き残っていくためには、これまでの常識にとらわれない斬新なチャレンジを行っていかなければ、お客様からの需要には到底お答えできないと心に刻み、全社挙げて叡智を結集していく所存です

一年間何卒よろしくお願いいたします。

(株)和泉
代表取締役社長 伊藤 嘉浩

2019年

1月

30日

和泉・イヅミテクニック BBQ大会

2018年、パート・アルバイトさんおよび社員の親睦を深めること目指して、全工場(3拠点)でBBQ大会を開催いたしました。

社員から持ち上がったこの提案、テーマは『おもてなし』。

現場でモノづくりにあたっているパートさん、アルバイトさん一人ひとりに楽しんでもらおうと、普段接する接する機会の少ない営業マンや事務員さんなどをはじめ、従業員みんなでさまざまな企画を練りました。

 

初回は、名古屋春日井工場。(10月27日 土曜日)
工場敷地内でおこなうBBQは初めてのこと、一番の心配はお天気。前日の予報は、降水確率30%...
不安な気持ちで当日を迎えたのですが、スタート前にぱらついていた雨も晴れ間が見えるくらいに回復しました。

今回のBBQ、従業員だけでなく、その家族も参加して開催したのですが、綿菓子づくりやストラックアウトなど子供たちに楽しんでもらうアトラクションは大盛況でした。

日頃の感謝を込めて、焼き担当は弊社経営陣や社員が担当し、『おもてなし』をいたしました。
BBQ手配、お土産や景品などの前準備は大変でしたけど、皆さん楽しんでいただけたようです。

後日、参加いただいた皆さんからは、普段の仕事をはなれての『おもてなし』に、たくさんのありがとうの声をいただきました。

  

そして、11月10日(土)は、関東工場と九州工場は同時開催しました。
九州は穏やかな日でしたが、関東工場は天気こそ良かったですが、北風が吹きつける中での開催となりました。

九州工場はもともと人数の少ない中で、こじんまりとしたアットホームな感じでの開催となりました。営業が前準備をして、当日は社員が張り切って『おもてなし』。お土産付きの配慮に皆さん喜んでくださいました。

関東工場には弊社社長の伊藤も参加。社長自らパート・アルバイトさんに食事を配る『おもてなし』。後日実施したアンケートによれば、社長の好感度がアップしたそうです。

準備した食事やデザートも好評で、食べきれなかった商材は持ち帰っていただきました。
子供達には、お菓子詰め放題やおもちゃすくいなどで大盛り上がり。
くじ引きであたる景品も、何が誰にあたるのかハラハラドキドキ。みんな笑顔で帰宅していただきました。 

「この会社で働いていてよかった」と言っていただける会社作りを、今後も継続していきたいものです。

続きを読む

2019年

1月

30日

【勉さんのちょっといい話】Society5.0について思うこと

皆さん、『Society5.0』というキーワードをご存知でしょうか?
新たな日本の未来像として話題になっている『Society5.0』について考えてみましょう。

続きを読む

2018年

12月

27日

横須賀艦船めぐり 【おぢ散歩】

今回のおぢ散歩は、横須賀です。
東京営業所:若林の希望により、横須賀に赴くことになりました。某艦船ゲームに影響された若林の希望は、横須賀で戦艦三笠や戦艦陸奥の主砲砲身などを愛でたい!、というもの。

海上自衛隊とアメリカ海軍の基地が置かれる横須賀で、艦船をたっぷりと愛でるおぢ散歩を楽しんできました。
たっぷりと艦船を楽しんだ一同の珍道中、ではお楽しみください!!

※記事中の画像はすべてクリックで拡大します。

続きを読む

2018年

12月

27日

エアセルかっぱ見参!!

エアセルマットが、なんとも可愛らしいかっぱに変身しました。
作成してくれたのは、群馬県内にある保育園の先生方です。

先生方の力作とご紹介しましょう。

続きを読む


▲ページトップに戻る